• プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • プレイエル P115チッペンデール
  • Youtube動画
  • プレイエル
  • R品
  • プレイエル P115チッペンデール

  • 1,280,000円(税別)
  • フランスの名器として誉れの高いプレイエルは、1807年作曲家・ピアニストであったイグナッツ・プレイエルによって創業し、その後息子カミーユの代になって急激な成長を見せ、パリへやってきたショパンを始め、歴史的なピアニスト達に愛用され続けてきました。紆余曲折の歴史を経て2007年に創業200年を祝いましたが、この年を境に業績不振が続き、2013年には生産中止となってしまいました。

    このモデルP-115チッペンデールは、日本で最も人気を博したモデルの一つで、高さ115cmというコンパクトなサイズと華麗なモールとチッペンデールの猫脚、シックなウォルナット材の外装が特長であり、今となっては中古市場に出ること自体が極めて珍しく、もしお探しの方は早いもの勝ちです!!
  • 商品詳細
    • サイズ:高さ
    • 115
    • 年代
    • 2005
    • 製造国
    • フランス
    • ペダル
    • 3P
    • 外装仕上げ
    • ウォルナット艶消し
    • 展示
    • 有り (展示店舗:高崎店)
  • ピアノ部屋置きシュミレーション   ローン支払いシュミレーション
    • 検討中
    • プレイエル (pleyel) とは
    • フランスを代表する伝統的なブランドのひとつであるプレイエル・ピアノは、ハイドンの弟子としても知られる作曲家イグナッツ・プレイエルによって1807年にパリで創業され、ピアノ製造を始めました。
    • → 続きはこちら
    • プレイエル 205(1841年 フランス製)
    • プレイエル 205
      (1841年 フランス製)
    • その後、1813年にイグナッツは、正式に彼の息子カミーユ・プレイエルにその経営権を譲り、その2代目を継いだカミーユのもとで飛躍的な事業の発展を遂げました。
    • また、彼は当時の幾多の著名な芸術家たちと親しく関わり、彼らの実践的な意見を基にピアノの改良を行いました。
    • 1829年に初代イグナッツの健康状態の悪化を機にプレイエル親子は、財産の整理を始め、友人である当時の最も著名なピアニスト・作曲家であったフレデリック・カルクブレンナーと共に、ピアノの製造、販売、貸出を行うPleyel & Co.を設立しました。
    • 同時期にカミーユは、プレイエル社ホールである「サル・プレイエル」を開設して、彼の親しい友人フレデリック・ショパンをはじめ、歴史的音楽家達がこぞって演奏会を開いて、プレイエル・ピアノを使用して絶賛し、プレイエル社発展とその絶頂期と黄金時代をもたらす大きな原動力となりました。
    • プレイエル MODEL.C(1846年 フランス製)
    • プレイエル MODEL.C
      (1946年 フランス製)
    • とりわけ、ショパンが生涯プレイエル・ピアノを愛好した事実は音楽史上においても大変有名です。1855年にカミーユの後を継いでプレイエル社を支えたのは名経営者オーギュスト・ウォルフとその後、1887年に後継者となった義理の息子ギュスターヴ・リオンでした。彼らの時代にプレイエル社は最盛期を迎えました。
    • この頃、各種アートピアノの制作と2台ピアノ演奏用ピアノ“ダブルコンセール型”の制作、そして1927年に同社ショールームを完備した「サル・プレイエル」の新設と、順調に発展の道を歩みましたが、プレイエル社の危機と衰退は1928年7月19日に突如襲った「サル・プレイエル」の火災に始まり、翌年の金融大恐慌とその後の第二次世界大戦と戦後の混乱期を経て、1961年には、その前年に合併していたエラール社、ガヴォー社との3社合併を余儀なくされました。
    • その後、経営不振から、ついに1971年にドイツのシンメル社へ買収されましたが、旧プレイエル・ガヴォー社の関係者や職人達によるフランス政府への嘆願によって援助を得て、南仏プロヴァンス地方で新たにラモー”Rameau”のブランド名でピアノ製作は継続され、フランス・ピアノの伝統を保ち続けます。
    • その間、フランス国内で往年のプレイエルの名をとどめていたのは、パリの代表的な演奏会場であるサル・プレイエルの存在によってでしたが、1990年代に入ってフランス国内でフランス・ピアノの再興の気運が高まり、フランス政府からの援助も得て1995年にドイツ・シンメル社から商標を買い戻し、フランスに新生プレイエル社が発足して正式にその復活を果たしました。
    • 2007年には、南フランスから最盛期に工場があったパリ郊外のサン・ドニに移転し、現在に至っています。
    • プレイエルを前に歓談するモナコのアルベルトⅠ世と作曲家ジュール・マスネ
    • プレイエルを前に歓談するモナコの
      アルベルトⅠ世と作曲家ジュール・マスネ
    • ・プレイエル・ピアノを愛用した歴史的音楽家たち
      フレデリック・カルクブレンナー(プレイエル社役員兼共同経営者)、フレデリック・ショパン、シャルル・グノー、カミーユ・サン=サーンス、ジュール・マスネ、エドヴァルド・グリーグ、クロード・ドビュッシー、ガブリエル・フォーレ、リヒャルト・シュトラウス、マヌエル・デ・ファリャ、イゴール・ストラヴィンスキー、ジャック・イベール、アルテュール・オネゲル、フランシス・プーランク、アルフレッド・コルトー、ロベール・ロルタ、ロベール・カサドシュ、ギャビー・カサドシュ、マルグリット・ロン、クララ・ハスキル、アルトゥール・ルービンシュタイン、ヴラド・ペルルミュテール、サンソン・フランソワ 他。